1月 22

なぜお金を借りる?借りる人が増えている?

消費者金融でなぜ借りるのか、借りる人が減らないのか不思議だと思ってしまいますよね。消費者金融で借りるということのイメージがとてもよい、というのではなく消費者金融が使いやすいから借りているというのが実際のところでしょう。

お金が必要なときまでにあまり時間がないときなども、消費者金融なら「間に合った」という経験をした方は、その便利さにまた利用しようと考えることになりますね。

消費者金融はお金を借りるまでの審査のスピードはとても速く、提出書類も少なくスムーズに借り入れまで進むことができるのです。消費者金融を利用する人が減らず、むしろ増え続けているのはその借り入れや返済の使いやすさやサービスの充実が理由としてあげられます。

消費者金融としては、以前からのなんとなく続くイメージの悪さを改善することを、利用者へのサービスで行ってきたのです。使いやすければ利用者は減らず、むしろ増える、本当に必要なサービスを続けて行くことで、イメージも少しずつ変わってきたということがいえるでしょう。

実際に利用している年代もどんどん広まっているのがみてとれます。サラ金時代のサラリーマン男性だけが利用しているのではなく、アルバイトをしている学生、20代の若い世代、上は60代の方なども利用することが増えてきているのです。

消費者金融でしか借りられないから消費者金融で借りる、ということではなく、いろいろな借り入れ先を検討した結果使いやすさとスピードで消費者金融を選んだという人が多くなっているということでしょう。

参照:お金を借りるならどこがいい?カードローンで初めてキャッシングする方法

お金の借り方、誰かに聞くこともできませんよね。親に聞いたらどうしてお金を借りるのかと心配されそうですし、友人にもなんとなく聞きにくいですよね。

実際仲のよい友人であっても、その人がお金をどこかから借りたことがあって、借り方を知っているかどうかまで分からないということのほうが多いのではないでしょうか。

私は銀行借入にしようかと今考えています。それほどお金を借りるというのは、あまりおおっぴらに公表するものではありませんから、いざ自分がお金を借りるという段階になると何をどうすればいいのか見当もつかない、ということもあるのではないでしょうか。

幸いにして現在はインターネットの普及により、いろいろなお金の借り方のマニュアルのようなものがでています。

銀行で借りる場合、銀行のカードローンならこの方法、消費者金融での借り方、自動契約機の使い方まで自分が求める情報はすぐに見つけることが簡単です。

写真付きで解説されているものなどもあり、まさに懇切丁寧で借り入れ前の不安を解消することもできるでしょう。

しかし注意しておかなければならないのは、借り方はそのように見つけやすくても、返し方は自分できちんと考えなければならないということです。

借り入れ金額は同じでも、人によって収入も違えば家族構成も違います。自分の収入やライフスタイルにあわせた借り入れをし、返済していく方法は自分で決めていくしかありません。

はじめて返済するときには、毎月どれぐらいの金額であればきちんと遅れることなく返済していけるのか、といったことを予想するのは意外と難しいものです。

返済が始まってから、難しいと分かっても完済するまではそのまま払い続けなければならないのですから、しっかり返し方を考えておくことが重要なのです。

1月 20

お金を借りる条件をクリアすれば融資を受けられる?

消費者金融や銀行カードローンなどからお金を借りる条件は、各々の会社ごとにそれぞれ多少の違いはありますが、基本的には安定してかつ継続した収入があること、そして満20歳以上であることが条件となっています。

銀行カードローンの場合にはこれに保証会社の保証を受けられる方、また場合によっては年収○○○万円以上の方などといった条件が加わりますが、利用条件としてはおおむねこのようなかんじです。

しかし、こうした利用条件をクリアしていれば必ず審査に通るという訳ではありません。審査では他にも年収や職種、勤続年数や家族構成、年齢などといった「属性」と、それより重要となる「信用情報」により融資の可否を判断します。

属性については過去の実際の利用者のデータ実績を審査基準とし、それと照らし合わせ、申込者の情報について点数化していき可否の判断をしていきます。この審査基準は利用条件のように公にされているものではないため、自分がその会社の融資基準に満たしているのかどうかというのは審査を受けてみないと分からないのです。

また属性はよくしたいからといっていきなり変えるのが難しいものです。また信用情報に関しても、他社借入件数が何件までなら大丈夫なのか、などといった基準は明らかにされていないためお金を借りたい審査を受けなければわからないのですが、基本的には過去に延滞がある、任意整理や自己破産をしているといった事故情報が載っている場合にはどの金融機関でも融資審査は難しくなります。